読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕が15kg痩せたらあの子はどんな顔をするだろう

チンアナゴのようにスリムになれたら。古今東西のあらゆる身体作りの話題について面白おかしく取り上げていきます。

アイスダイエットがダイエットに向かない2つの理由

ダイエット 炭水化物 糖質制限 アイスクリーム アイスクリームダイエット 糖化 飽和脂肪酸

巷には様々なダイエット方法がある。

 

当ブログが取り上げている糖質ダイエットや、低脂質ダイエット、バナナダイエット納豆ダイエットといった方法が溢れている。

 

当方もそういった情報に関してはアンテナを張っているのだが、最近知ったダイエット法として、アイスクリームダイエットというものがあるらしい。

 

その記事はこちら

dietbook.biz

 

結論から言うと、トンデモ理論なのでハッキリ言って実践しないほうが良い。

まずはその内容から見ていこう

 

アイスクリームダイエットとは?

朝の食事の置き換えにアイスクリームを食べてダイエットをすること。

Tips

  1. 人間が健康でいられる為には、脂肪も必要な栄養素。健康体であれば、1日55gの脂肪分の摂取をするのが理想的。
  2. ダイエットで脂肪をカットしてしまうと、不足している脂肪分を他の食品などから取り込もうとする為に、結果的に脂肪を溜めこんでしまい燃焼されにくくなってしまう。
  3. 冷たいアイスクリームを食べることは体が冷えますが、元の体温に戻そうと代謝がよくなる。
  4. アイスクリームは、食べた後の血糖値の上昇が緩やかな食品。

 

注意点

乳脂肪分が12%以上の物が特におすすめ。

1回の摂取量は、80~120ml

 

もうツッコミどころが多すぎて気力が失われてつつありますが、書いていきます。

 

アイスクリームダイエットはなぜダメなのか

アイスクリームダイエットがダメな理由は2点あり、

アイスの成分は脂肪細胞の生成を促す

まず、アイスクリームを食べることで問題なのは、多くの糖質と脂肪(飽和脂肪酸)を同時に摂ってしまうこと。

ブドウ糖が大量に存在すると、解糖系におけるグリセロール3リン酸が遊離脂肪酸と結合し、体脂肪が合成される。脂肪も大量に存在すると、遊離脂肪酸も増えるので、それだけ体脂肪が増えやすい・・・あ、読むのやめないで。

 

簡単にいうと、糖質と脂肪を一緒に摂ると体脂肪になりやすいということである。

もちろんオーバーカロリーや、インスリンの大量分泌など体脂肪生成には多くの要因があるが、上記の同時摂取も一つの要因である。

 

ここでいう脂肪とは、飽和脂肪酸(動物性脂肪)のことであり、乳製品であるアイスクリームは飽和脂肪酸が多く含まれている。

 

不飽和脂肪酸は身体を通過するので、糖質と一緒に摂っても問題ない。

オリーブオイル、魚、ナッツなどに不飽和脂肪酸は豊富である。

 

砂糖にいいことはほとんどない

さらにアイスクリームの問題点としては砂糖が多い

人間は冷たいものの味は判別しにくいので、甘みを感じるために多くの砂糖が入っている。

砂糖は摂取後の血糖値を急上昇させ、インスリンの大量分泌が必要になる。

インスリンの持つ効果は当ブログで再三述べてきたように、筋肉と脂肪の合成である。

筋肥大を狙っている場合は効果的だが、ダイエットには適していない。

 

また、砂糖の持つ恐ろしさはとてつもない。

砂糖はインスリンを急上昇させ、脂肪細胞の生成を促すとともに、タンパク質と結びついて糖化を引き起こす。


糖化とは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びついてタンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応をいいます。この老化物質AGEsは分解されにくく、そのAGEsの蓄積は肌や髪、骨など全身の老化を進行させ、さらに体調不良や様々な病気(糖尿病、高血圧、がん等々)の温床にもなります。

(引用元 アンチエイジングと密接な関係がある"糖化"のメカニズムと"抗糖化" | 抗糖化コラム | リバーシティクリニック東京 東京都中央区佃・月島

 

タンパク質と糖が結びついて、最終的にAGEsという物質を生成してしまうのが問題なのである。

つまり、糖質をたくさん摂りすぎると、糖化が起きやすく老けやすいということ。

糖化は血糖値の急激な乱高下によっても促進されるので、インスリンを急上昇させる高GIの砂糖は、なおさら糖化を進めてしまう。

 

(けれど、アイスクリームのGI値は意外にも65!。。。砂糖は100超えなのに。。。砂糖が入っているので高GIだと思うのですが。誰かご存知の方はご教示ください。)

 

ハッキリいって砂糖のいいところはほとんどないのである。強いて言えば砂糖を摂るとセロトニンという幸福物質が出て一瞬満足感を得られるくらいか。だが、依存症も強いのでデメリットの方が大きい。

 

まとめ

以上、アイスクリームダイエットがなぜ有効でないのかを述べた。

結局、今までのツケで脂肪を溜めてきているのだから、楽して痩せる方法はないのだ。

借金して、それを何の苦もなくチャラにしてくれと言っているようなものだ。

行きは天国、帰りは地獄を肝に命じて体重のコントロールを頑張ろうと思った次第である。

 

しかし、このアイスクリームダイエットについて書いていると、アイスクリームが食べたくなってしまった。

アイスクリームを食べないと、この記事は書けないよねという意味不明な大義名分を元にスーパーカップを買ってきた。美味しかった。

 

f:id:karl-body-making:20170108222821j:plain

(今ってこんなビニールついてんだね。昔はなかったのに。)

 

美味しいものは全て炭水化物でできている。。。糖質ダイエットを行って身に沁みた至言である。しかし糖質は太る原因なので、本当にこの世はよくできたシステムと感じた。